~気取らない贅沢ながらも記憶に残る一皿を~

和食は引き算。フレンチは足し算。和食とは日本という土地柄、食材自体新鮮な物が入りやすく、その為必要以上に手を加える事無く、食材本来の味や旨味を楽しめる料理である。逆にフレンチという料理はヨーロッパという土地柄、新鮮な食材が手に入りにくく、それにより食材本来の味を楽しむというよりも、美味しいソースを加えたり、ハーブやニンニクを使って臭みを和らげたり、人々が試行錯誤しながら美味しく作られた料理であると。  和食とフレンチの調和によって作り出されるお料理で心から喜びを感じ、また心のこもったおもてなしで、非日常をお楽しみ下さい。